結婚式のスタイルによって異なる誓いの言葉

結婚式で述べれる誓いの言葉は結婚式のスタイルによって異なります。
日本で昔からよく行われている神前式では神前で誓詞を新郎が読み上げて姓名を言った後で新婦も名前を言って誓うのが一般的です。
また、仏前式の場合も同様に仏前で読み上げて誓います。
誓詞は神社やお寺で用意されている場合が多く、始めに感謝の気持ちが述べられることが多いです。
最近人気の高い人前式も読み上げる事が多いですが宗教などが関係ないのでより自由に文言を決める事が出来るのが特徴的で、新郎新婦一緒に読み上げたり二人がそれぞれ異なる文言を述べたりと様々です。
一方、教会式の結婚式では司式者が誓いをするか問いかけ、新郎新婦はそれに答えるというスタイルが多いです。

結婚を許してもらう為に挨拶に行く事

カップルの意志が固まり、彼女の親に結婚の許しをもらいに行くのは、彼氏の大事な役目になります。
きっちりスーツを着こなして挨拶しに行かなければなりません。
相手のご両親の好きそうな手土産を持参するとより良いでしょう。
彼氏も緊張するでしょうが、彼女の親も緊張しています。
また父親はほんとに複雑な気持ちになっているでしょう。
嬉しい気持ちと寂しい気持ちが入り混ざるでしょう。
そんな親の気持ちを汲み取り、頭から足先までできるだけ清潔感を感じられるような服装にして、信頼されるようにするべきです。
落ち着いてゆっくり話して挨拶すれば、きっと良い印象を与える事ができます。
おそらく一生に一度の事ですから、幸せな報告が出来るといいです。